【情報提供】「みえ発!災害ボラパック〜安全運行・法令遵守編〜」発行しました

volpack-m災害ボランティア活動において「ボランティアバス」事業は
・災害ボランティア参加の敷居を下げるため
・災害ボランティア活動の安全性を高めるため
 ・被災地の交通渋滞を緩和するため
 ・事前オリエンテーションや班分けを現地到着前に実施できるため
・現地ニーズに沿ったボランティアの募集を実現するため
など、被災地にとっても参加するボランティア自身にとっても意義のある取組です。

一方で、多くの方を募集して移動や宿泊手配を伴うなど、主催者は実施するにあたり安全や安心に大きな責任を伴います。

また、主催者として配慮すべきひとつのポイントとして「法令の遵守」があります。
2016年5月に出された観光庁通知をうけ、あらためて災害ボランティアバスの安全確保や法例遵守について、正しく理解し、取り組んでおくことが必要となっています。

被災地・被災者支援と安全・法令遵守をいかに両立するか? このマニュアルにはそのヒントがたくさん掲載されています。

災害時に関わらず、ボランティア活動においてバスの手配を伴う活動をされている方、ぜひ一度手に取ってみてください。

みえ発!災害ボラパック=安全運行・法令遵守編〜 pdf版は こちら

この冊子を作成するにあたり、多くの方のご助言を頂きました。この場を借りてお礼申し上げます。
また、この冊子は 赤い羽根「災害ボランティア・NPOサポート基金」九州 の助成を頂いて作成しました。ご支援ありがとうございます。

pt2_3

また、この冊子は2004年に発行したみえ発!災害ボラパック(本紙)の別冊となっています。本紙では災害ボラパックの企画・募集・当日コーディネートなどのノウハウがたくさん詰まっています。こちらも合わせてご活用頂き、災害時に多くの善意が安全に被災者の力として届けられるよう願っています。

みえ発!災害ボラパック(本紙) pdf版は こちら